岸和田に住む、みおぎがお酒と共にだんじり写真を撮るブログ

2019年 鳳だんじり祭 本宮 ココカラファイン周回.連合曳き

みおぎですー

台風はやや反れましたが、物凄いデカい台風のようなので

影響は避けられず。 参加者様安全にご注意ください・・。

 

撮る人も雨天セットは万全に。

自分も雨天セットも凄い力入れていくつもり!

 

さて

今日は 10月5日の鳳だんじり祭の

ココカラファインの周回と、連合曳きスタートの記事です。

よさそーな位置が取れましたがいかに。

(後ろは建物です)

高い所から撮るには後ろの人に対する配慮は要りますよね。

なるべく後ろの人の立ち位置から見えるだんじりの角度とか、考えてはいます。

小さい子が肩車で見るだんじりは、凄いデカく見えるんでしょうね。

大人になるとだんじりは簡単に見えるんですが、

子供が普通に見ると、人が掛ける足しかみえません。

 

小さい頃に 極楽寺町のだんじりの後ろを親に連れられて歩いた事があり、

生涯忘れられない光景ですが だんじりを子供視線で見ると「塔」と思えるぐらい

無茶苦茶デカいのです。

カメラをかがめて撮った所でそういう光景再現はできても、感覚までは再現できないです

 

子供でしか見れなかった光景は忘れません

浜寺元町。

新在家。

周回の準備に入るようです

いよいよ周回スタート

上。 35mmで撮っています

野田

北王子

富木

新在家。

ここで少し思ったのは

「56mm」でもいけるんじゃないかな?ってことで・・。

こういう事に早く気づかないといけないです。

 

曳き手が映るので悪いわけではないと思うんですけど、

もうちょっとだんじりは大きい方がいいと思います

富木

そうそう!こんな大きさ。

大鳥

しばらく周回の写真が続きます。

浜寺元町。

しかしズームより、単焦点のが使いやすくて・・しっくりくるというのもおかしいですね。

自分ズームを使うのが下手なのかな。

いくら綺麗といっても立ち位置によっては撮影不能になるのはちょっと怖い気も。

長承寺

北王子

パトカーとだんじり(石橋)。

車に詳しくないんですが、いかにもドラマで出そうなパトカーって感じの車。

なかなか無いですねこれ(笑

野田

浜寺元町

大鳥

これで午後の曳行も終了、

いよいよ 灯入れ曳行、鳳の連合曳きのスタートですね。

北王子の出発前。

当たりも暗くなり、 提灯に日がともりました。

いよいよここから鳳の夜の曳行がスタートですね!

本当何か曳き出しのような空気が漂います

後ろに野代のだんじりがきました。

最初の北進は元蔵王前が凄い人気ですが

人が多いのは苦手なので ここ数年、この辺りです

北王子が出発です。

続く野代

かなり暗くなってしまいましたが、

絞り環に手があたってしまった様。

富士フイルム レンズに絞りあるとこうなるからなあ(つ∀`)

長承寺

!? 富木がきてないっ・・?!

昼曳行でアクシデントがあったようで連合曳きに参加してない様です。

ぐぬぬ

気を取り直して

夜の鳳は本当綺麗ですね

鳳祭は場所選びが難しいと思いますが

この場所は悪くありませんでした。

次の北進もここで撮ろうかな

北進を終えただんじりが戻ってきました。

長承寺

単焦点の力いかほどかと

思ってたんですが、やっぱり凄いイイ写りしてますね。

提灯の色なんかは本当そのままの色です

提灯中の電灯の存在感もあります。

曲がっている商店街を上手に抜けていく

鳳のだんじり。

北王子。

昔「梃子とり上手でよう走る」と歌ってる子供がいた。

これは写真アップが大変そう。昔の下手な写真は一層したいなと思うんですが

自分の進歩を見れる様で残したいと思う気持ちもあり、

少し複雑です

 

勿論満足なんかしちゃ駄目ですけど(^^; まだまだ下手。これから。

新在家がきました。

(ん?提灯が・・(笑

既に一個どっかにいってしまっているっ・・!

商店街内に響く「エイサー」の声!

周囲のお年寄りが「やっぱ新在家ええなあ」といってるのをよく

耳にします。 私が小学生の頃見に行ったのは昼曳行でしたがその時は上だんじりも

まだ多かったです。

上だんじりで昔からの曳行を続ける新在家。

雰囲気も全然違います

 

自分はだんじりは正面写真が一番好きなんですが やりまわしが全てではないと思います。

 

今の時代、これから先を考えると

一度廃絶してしまうと、おそらく二度と戻ることはないと思います。

続ける事こそが先人の方にも報いる事になるのかも。

新在家、頑張ってください!

野田のだんじり。

望遠でしか撮れないけど、

望遠で撮ると暗くなる。難しい問題ですよね

最後は浜寺元町。

 

富木が入っていないのはとても残念ですが、

夜の鳳は綺麗で とても楽しいお祭り。

 

至近距離でだんじりを見れるのは凄いメリットですよね。

 

~続きます

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:みおぎ (2019~ 日本)

旧:おおつ(1987~2012 日本)

泉州だんじり祭が好きな人のブログ

だんじり祭の至高の一枚を求めて。
おおつ鶏は牛脂ミンチと共にかしみん焼きになりました。
澪木鶏が後を継いでいます

Fujifilm X-H1にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

お問い合わせ(物申す)

アカウントに救いの手を(フォローしてね)

ご利用規約

ブログ、写真集にアップロードしている画像、動画に対し以下は禁止事項となっております

■直リンク

■二次配布(撮影者を名乗る行為)

★過度な編集(だんじり祭、地区に対する魅力を損なう編集と使用)

 

※写真をインターネット外でご使用になりたい場合はご連絡ください