岸和田に住む、みおぎがお酒と共にだんじり写真を撮るブログ

2019年 堺市 鳳だんじり祭 宵宮

みおぎでーす。

今日は10月4日、堺市 鳳だんじり祭の宵宮の記事です。

できればこの日に戻りたい気も(^^;

 

※:この記事は長いです。

 

カバンにカメラをつめて かなり気分よく電車乗って

この3日間だんじりだらけや~♪ なんて思いながら

気づけば憂鬱な月曜日 しかも夜勤。体調一気に悪くなりました

おまけに週末は台風

 

・・

まあ記事のテンションだけはあげていきましょう!

 

金曜日の鳳のだんじり祭というと結構バラバラで、

旧ドット以外は 初心者には少し難しい感じの(笑 ある程度調査して挑みます

鳳駅に降りると、野田のだんじりがロータリーに入ってきました。

ロータリーから逆へのやりまわし。

これなかなか見れなさそうですね。最初から、なかなかイイ感じの写真が撮れました。

 

基本自分駅付近に偏る傾向があるので(トイレとかコンビニがあるので^^;

野田、北王子、長承寺が多い傾向にあります

商店街に行くと北王子のだんじりが出発してきました。

平日とはいえ、朝のこの空気。

金曜日の鳳だけの空気。

じっくり見てましたが

野田の予定表見て「はっ」と思い

ココカラファインの方へ向かいましたが手遅れでした。

(調べたんとちゃうんかい)

(あっちからのやりまわしは殆ど見られないんだよなあ)

逆からファイン したかどうかすら分かりませんでしたが(^^;

続く、北王子。

小屋前に戻る北王子

旧ドット交流会まで休憩に入るようです

野田のだんじりも。

ここで2台、彫り物を撮影させてもらいましたが、

しょっぱな暗い鳳の商店街はとても厳しく、 まともな撮影ができません。

野田の纏

 

レフ機(D7200)触るのも3年ぶりで

「あー ファインダーこんなのだったかー」とか

「あれ 感度どうやってあげるんだっけ」とか

それだけでかなり苦戦。 でもシャッター音はレフ機ならでは、

カシャンッて音。やっぱいいですね!

北王子

 

わずか3枚ですが撮った枚数は相当数。どれもブレるなりなんなりでボロボロ。

外でないとちょっと無理がありますね(笑

 

しかし結構ムキになったので時間忘れて 気づけばドット交流会も近いです。

まずお酒買って備えておかないと。(買う必要ある?

6台のだんじりが集まりました。

数年前までココに八田荘のだんじりも来てましたが日にちが変わってからは

なくなってしまいました。 ので八田荘だんじりの写真がありません。

 

鳳と山手の祭礼の休みを得るのに強引な事してますので今年も

撮れないかも。う・・ (そもそもなんで日曜仕事あんだよ)

とてもイイ場所。

最初待機してた時「ココいけるの?」って思った。

ちなみに後ろは何かの建物なので一応最後尾です

長承寺。

すっごいな 写真も大迫力です。

上。

石橋。

うはーっ!めっちゃ綺麗に撮れる!

これは笑いが止まらん(ヤバい人)

 

だけど実は去年にやったミスをまたやらかしてしまった。

立ち位置のせいで、撮れる町に偏りがあります

お分かりいただけただろうか

別方向へ向かうだんじりは沢山の人が前に出て見えなくなるので

殆ど撮ってません。

 

去年も確か 石橋 上 長承寺に凄い写真が偏ってました

上のだんじりの勢いが凄く、

とにかくだんじりが浮きまくっていました。

この写真の後も浮いてます

野田

ちょっと強引ですが(汗

最近前列でカメラをあげる手が全て

祭壇を崇める様な手に見えてきました(いよいよ頭がおかしくなってきたかな)

北王子

富木

いかん。北王子野田富木の写真がない

これはなかなか厳しいかもしれない。

やりまわしは かなりの回数がありますが、

立ち位置が良すぎるだけに離れられなくなってしまいました

野田のだんじりが直進。

津久野駅にいくんですね。

ちょっといってみたい気はあるんですが、

鳳駅まで歩く体力がありません(へたれ

長承寺

警察さん そこ結構危なくないです?(‘-‘

物凄い近くで見る警察もなかなか珍しいです とはいえ

こういうだんじり好き?が多いと 多分だんじりの曳行許可がおりやすいのではと

勝手に判断する

この段階で二度浮いてて、こっち側にやりまわす時に

割とみんな「ちょっとココやばいのでは」の様な話が飛び交ってました(笑

石橋

ついに旧ドットも終了。

来年は立ち位置気にしないと駄目ですね

って うぉーっ!!

3回浮いてるッ

長承寺

富木

ようやく やりまわしっぽいの1枚目

写真と記事あげていて思ったのですが

実は、岸和田祭の記事が終了していません(笑..

今年は凄い勢いでアップしてるはずなんですが、やっぱ最後になりそうです

最後は北王子。

休憩中となりました。

ここで彫り物沢山撮るぞって思ったんですけど

石橋

長承寺(?)

 

流石改造レンズ、接着が甘く破損

仕方なくコンビニで接着剤を買って補強しますが

祭で何工作してんだろうってちょっと頭で思いました

出発となりました。

結局なんかレンズで工作を楽しんでいただけのような。

旧ドットの方面から鳳商店街に戻ってきます。

この位置で撮る事も試験曳きとか以外珍しいですよね

続く長承寺。

いつも先回りしてしまうので、

他の3(4)町がどこへいくのかはあまり知りません

ココカラファインのやりまわし。

今ではここは凄い人が集まるパレードが二日目に行われているようです。

(撮影いきました)

 

4年前ぐらいに ココの周回が新しくあるみたいなので見に来た事があったんですが、

当時は逆に周回やりまわしをしていました。

(当日の早朝の野田と北王子のをメインとしたコース)

 

当時は新しい?コースだからか、人もまばらだったので、私も前列で撮影できました。

私は勝手に 「逆からファイン」とテキトーな名前を命名してますが

とても狭い上に先にカーブがあるという、見るからに凄い高い難易度の角だなあと思います。

もし見る事があったら 鳳のやりまわし難所の1つなの間違いないので必見です。

勿論また もし周回する様な事があったら 物凄い難易度のパレードになるんでしょうね

 

なので写真も狙ったりはするんですがなかなか撮る時間と機会はないです

2018年

北王子の 逆からファイン

多分 野田と北王子ぐらいしかやってない?のではないかな?(^^;あまり知りません

 

ちなみに本当の意味の逆からファイン(ココカラファインから逆にやりまわし)は

現在は やってる所があるのか不明です

逆からやってくる新在家

この後やりまわしなのかは動画にて。 2015年

今じゃ多分見られない富木の逆からファイン

 

当時ビデオばっかり撮ってたので写真がこれしかないのは残念無念

「逆からファイン」は この動画でいっぱい見れます。(1:10:00あたりから)

 

 

非常に狭い所に入っていくのでとても難易度が高く事故も複数回あったの覚えてます

さて、

長承寺のだんじりも続いて出てきました。

この後はいよいよ灯入れ曳行です。

鳳祭の「第二の曳き出し」とも自分は思う程雰囲気が違います

駅前ロータリーに

野代と新在家が待機しています

せっかくですので補修したレンズで野代と新在家のだんじりの彫り物を撮影します。

ヒェッ

他ブログ様でよくみられるこの彫り物下から見るとヤバシ

オールドレンズ 日当たりですぐに映りと色 変わっちゃいますが

これはもうどうしようもありません

いつもなら だんじりまだかなと思って

どっかで座ってるこの時間が異様に楽しい。

レンズがあまりにも使い悪すぎて 夢中になってしまいます

描写もなかなか楽しいですね。

何故赤いのかは知りませんがオールドレンズが勝手に色付けしやがります。

でも、これはこれで意図的につけたものではないので面白いんです。

 

撮影は楽しいです。

元々なんで今頃昔の彫り物セット買ったかというと、

11月の大阪城だんじり祭の上だんじり、また撮りたいな!って思ったからです。

なので10月祭礼終了時に自分は死にかけになりますが、11月を頼みに頑張ります

 

さて

なんか彫り物ってアンダー気味撮影で改めて見ると怖いですね。

いやあ 時間忘れてしまいました。

最後は新在家。

 

出発しそうなので、いつもの場所に陣取ります

ここでーす

まだ明かりはついてないですけど、

ここからがとても楽しみ。

勿論ここを過ぎたら、商店街に陣取ります!

乗り入れは毎年コース違うようなんですけど

素人の私では把握できず 一応いつも野田さんのサイトのコースを参考にさせて頂いています。

この場を借りてお礼申し上げます

今年新調して提灯つけてる野代。

続く新在家

鳳のだんじりは続いてくるので、不意をつかれることがおおく、撮影が難しかったりします。

んー 下からのぞいてみたい。

大鳥が続きます

後ろの盛り上がりもいよいよここからって感じ。

今日は金曜日なので、 見物客も仕事を終えたサラリーマン、仕事着姿の人、学生服姿の人がどんどん増えてきて

「祭とその地の生活が組み合わさった特別な鳳祭」が始まります。

金曜日の空気は本当好きです。 (土日も控えてる余裕もありますが!)

 

ビール片手に上司ぽい人に説明行う人だっていますが

それがまたいい空気を出しております

野田のだんじりがきました。

津久野まで行って戻ってきているので、他地区よりなかなかハードなスケジュールな感じがします

乗り入れは特別な感じしますよね。

毛穴町のだんじりが鳳にやってきました。(2015年)

そういえば自分も津久野のだんじりの撮影は実は一度一回だけで

それ以降いってません。

曳行コースとかもよくわかってないので 初心には難しく、どうしてもある程度知っている鳳にいってしまうのが

悪い癖 2016年

 

いやー 提灯がいい味あります

まだまだ。明るいですね。

多分商店街来る頃には提灯もライトアップしてるかな?

北王子。

多分詰めてて写真ミスったぽいです

長承寺

後ろの近くに上のだんじりがきています。

 

あー やっぱり上の写真がありません(汗

続いてくると鳳の写真難しいな。

石橋

最後は浜寺元町です

この後はいよいよ灯入れ曳行です

商店街に先に移動します(お酒も準備)

とても暗くなってまいりました(´_`

いよいよここからこそが勝負。

今回は望遠もありますので、去年より、ちょっと遠くにいます。

石橋のだんじりがきました。

提灯も明かりがついています!

続く富木。

望遠で撮った写真。

ん~ 今までにない味。

至近距離をだんじりが通り抜けます。

長承寺。

いやー綺麗だ。

北王子

新在家。

後ろのだんじりもボケてなかなかイイ感じです。

 

エイサーの掛け声がものすごく商店街に響いていて

迫力ありました!

野田。

だんじりの提灯で惑わされてカメラが傾きやすいです(言い訳)

浜寺元町。

野代。

露出設定もなかなかイイ感じで好調。

自分で記事書いていて思ったのが

この記事長すぎわろ

せっかくなので完走させましょう。

大鳥がきました

これで全町通りました。

何台か戻ってきますのでここで待機。

明日の事もあるので流石に最後までいれないですが(^^;

ライフ前までいった 大鳥のだんじりが戻ってきました。

場所をとらず、

北進を撮れるのは金曜日ぐらい。多分。

野代。

浜寺元町

野田

新在家

詰めてぎゅうぎゅうになっています

いやー綺麗ですね。夜の鳳。

北王子。

最後は長承寺。

何か暗いかと思いますが、

富士フイルムのレンズは 絞りがレンズにあり、誤操作しやすく(汗

勝手に絞られていた為です(言い訳。 ぐぬぬ・・

 

この後 羽衣線にのって

岸和田に帰るのでした。まだ次の日、次の日とありますから・・

次の日鳳にいっております。

 

ここまで長い記事最後までお付き合いくださった方ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:みおぎ (2019~ 日本)

旧:おおつ(1987~2012 日本)

泉州だんじり祭が好きな人のブログ

だんじり祭の至高の一枚を求めて。
おおつ鶏は牛脂ミンチと共にかしみん焼きになりました。
澪木鶏が後を継いでいます

Fujifilm X-H1にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

お問い合わせ(物申す)

アカウントに救いの手を(フォローしてね)

ご利用規約

ブログ、写真集にアップロードしている画像、動画に対し以下は禁止事項となっております

■直リンク

■二次配布(撮影者を名乗る行為)

★過度な編集(だんじり祭、地区に対する魅力を損なう編集と使用)

 

※写真をインターネット外でご使用になりたい場合はご連絡ください