岸和田に住む、みおぎがお酒と共にだんじり写真を撮るブログ

山手で行きたい

8/9

人生は投げ捨てるもの(キリ

 

おおつでーす

 

今回は前回の続き。

毎年悩む「泉州のお祭り」です

 

一応は2017年をベースに回ろうという形にしています

曳き出しは東岸和田かな? 2回目っていうのが

自信ちょっとプラス。 これ大事。限られた時間の中で

どれだけだんじり見れるかっていう部分

 

やっぱり「近い」と「知識」は最強

その後が問題

(嗚呼 もう一度泉佐野の上之郷、いってみたいんだけど・・)

 

ここが凄い悩むんですね。 早めに切り上げれば切り上げる程他地区が見れる可能性が増える。

「貝塚」「熊取」なんかは せっかく阪和線まで移動したのだから

撮りたいと思う筆頭。なんせ写真が少ないというか殆どない。

 

麻生郷も撮りたい。

 

泉州の祭はとにかく 物凄い魅力的。 時間がいくらあっても足りないんですなあ

正面用みたいな感じでレンズ買うっていうアホな事したので

正面狙いがしたい。(回ろうかな(笑

 

濱八町は正面、直進まじかっこいいんです

大工方5人のウチワが作る扇の形状。  その上で泉州で唯一踊らない

八木地区なんかは左右に続く提灯のど真ん中にだんじりが芸術的で

絵画のよう

ちなみに去年はこんな山手の魅力が凝縮されたような

写真が撮れましたがこれは池尻町が早めに行基参りを行った為

撮れただけで割と偶然な様ですが・・(笑

南掃守なんかもいってみたいですね。

距離的にも 新しく買ったレンズが生かせそう

忠岡も。

やっぱ 5年以上通って

ようやく、その地区を少し語れるようになるのだと私は思います

熊取。

熊取までの移動時に だんじりを曳行してる地区は沢山ありますが

その誘惑を我慢しないといけないというのがあまりにも辛い。

よって熊取撮影は【生き地獄】

 

というわけで。 泉州の祭は

熊取、貝塚(山手から濱まで全部)、東岸和田、泉佐野、忠岡、濱八町、八木

あたりがコースではないでしょうか (多分

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:みおぎ (2019~ 日本)

旧:おおつ(1987~2012 日本)

泉州だんじり祭が好きな人のブログ

だんじり祭の至高の一枚を求めて。
おおつ鶏は牛脂ミンチと共にかしみん焼きになりました。
澪木鶏が後を継いでいます

Fujifilm X-H1にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

お問い合わせ(物申す)

アカウントに救いの手を(フォローしてね)

ご利用規約

ブログ、写真集にアップロードしている画像、動画に対し以下は禁止事項となっております

■直リンク

■二次配布(撮影者を名乗る行為)

★過度な編集(だんじり祭、地区に対する魅力を損なう編集と使用)

 

※写真をインターネット外でご使用になりたい場合はご連絡ください