岸和田に住む人がお酒と共に花撮ってます

2018年 岸和田だんじり祭 ~曳き出し+午前曳行

おおつでーす。

平成30年だったり 2018年だったりと

バラバラですが、あまり気にしないでおこうと思います。

今回は曳き出しの続きです。

 

商店街で全町あがったのを見た後、適当に移動します。

なんとなく紀州街道へ。

 

あまり意味のない情報かもしれないのですが

ブログであげてる画像は結構デカくしているので

クリックすると 壁紙程ではないですが、大きくなっても綺麗に見れます。

沼町のだんじりが来ました。

外はかなり明るくなっています。

この時間帯はまだ提灯が点灯しているようです。

せっかくですのでこれをだんじりを一緒に撮りたい。

中北町。

強引に撮りました感が強いですがこれはこれで・・(w

下野町。

 

・・・んー。ここに住みたいな(笑 空き家、売り物件 一軒あり、

友人と「ええなー こういう場所。本町最高やね お金あったら買うんやけどー」みたいな話してましたが

結構築年数あるようなので修理も考えると私のような貧乏人には結局無理な話なのであった。

割とここのやりまわし見るの初めてだと思います。

蛸地蔵駅から下がってきた所。

見物客も少な目で写真も撮りやすいですね。

旧市は写真撮るの難しいと思いますが、ここはなかなか良いなと思いました。

藤井町です。よく会いますネ

南町が直進します

(そおりゃ そおりゃ)

南町がここを直進ということは、そろそろ各町が

曳き出し終了して自町に戻りますね。休憩に入ります。

そのまま疎開道路へ

中町が帰町のようです。

大手町の方から下野町が出てきました。

後ろから大北町が続きます。

ん~ もう少し早くいけばやりまわしが見れていたかと思うと残念。

しかし最近この祭や試験曳き中の だんじりが来るかどうかの判断というか勘というか。

そういうのも楽しいなと思ってきました。

移動して沢山だんじり来たらラッキーで、全くこなければ残念という感じの。

 

正直「だんじり祭」って存分に楽しむには絶対に曳行コース、時間とか

人気コースの勉強が必要だと思うんです。自分が岸和田の祭を友人と一緒に回れるようになったのは今年になって、本当に「やっと」というぐらいです。

「この時間こないよー」とか「ここにはそのうち●台くるからー」とか。

 

それ知らないと 闇雲に移動しても 見れない、見れない、見れない、

待っていても 見れない、見れない、見れない

更にそっから泥沼に沈んでいく感じがします

 

そういう意味でも見物ですら奥が深いのですが、知らない地区を回るに至っては

どっちの楽しみをとるか迷いますね・・(笑 去年は山手は泉佐野 上ノ郷地区 全く事前勉強無しに行きましたがだんじり見れたときは超感動モノでした。

さあ話を戻して、 中ノ濱町も帰町です。

明るくなってきたので、そろそろ大口径レンズも出番がなくなりそうです。

無意味にボケちゃってるだけの感じ。

紙屋町が休憩の大手町の横を通ります。

いやー 紙屋町の法被・・町名旗もイイですよね。

御洒落、渋い んー・・なんというか・・。あれだ。特許みたいな感じ。

ペンネームも凄い多かったので・。ご本人様でしょうか(笑 でもまぁ盛大な岸和田の祭ですから。ご本人であっても・・なんら不思議でありません。

大北町。

各町休憩中なので、カンカン場を抜けてとりあえず

家に戻ろうと思います。

 

岸和田祭を楽しむには正直家が旧市に無いと厳しいと考えてたんですが

やっぱそうだと思います。 人混み凄いので

ゆったりできる、休憩できる空間は必要です

 

何よりトイレ

今年は観覧席がありませんが、

何か不思議な感じがしますね。 昔写真や動画で見た岸和田祭に近い。

でもこういうのもアリだと思います。

北町準備中。

 

さて、そのまま商店街に向かってとりあえず休憩です。

 

~~~午前曳行のはじまり!~~~

午前曳行の始まり。この「商店街の始まり」っていうのは

まずは宮本町と筋海町が交差点の左右からのやりまわし、

待機していた五軒屋町の直進の怒涛の3連発から始まりますが、

 

正直その状態って警備の人のちょい おこなマイクが飛び交います。これは

商店街一番のカオスの状態なので

写真うんぬんの状態ではありません。

なので途中から。

旭日旗といえば中之濱町。 交渉の方の旗ですら雰囲気を作り上げる。この存在感。

旭日旗といえば中之濱町ですよね

(いくぞー いくぞー)

っと商店街にじわりじわりと入ってくるだんじり。

昔は商店街に入る前から走ってきたようなんですが、入ってからダッシュでも

いったん止まってからダッシュでも・・迫力ありありです

(いけぇーっ)

笛と同時に 一気に駆け抜けます!

この入り口付近は中間に比べると少し音響が落ちますが

それでも迫力十分なんですッ

続いて中町のだんじり。

ピントがあってません

ちょっと暗くなってしまいました。

あまり明るくすると飛んでしまうので・・といっても・・。

んー 難しいですね

 

さて、ここから・・

商店街大好きな人間にはたまらない「商店街パレード」が始まります。

 

もー これはたまりません。

いっぱいだんじりが来るんですよー! たまに「楽しそうだから俺も混ぜろよ」みたいな感じで

格闘ゲームでいう「乱入」の如く下からあがってくるだんじりもまた格好いいんですよね。

宮本町のやりまわし!

わざと広角で撮るというのもいいものです

この綱の部分

だんじりに目がいってなかなか見えないと思うのですが

凄い力がかかってるんだろうなと思って個人的に格好いいと感じるポイントなんです。

自分は曳いた事ないですからね(泣

宮本町が逆側からやりまわし。

商店街内って歓声も響くから臨場感凄いですよ!

五軒屋町。

上町。斜めにしてもイイ感じに撮れますね。

別所町。

下野町があがってきました。

沼町のだんじりもあがってきました。

パレードもどんどんヒートアップ!

宮本町の・・えーっと何回目でしょう(w

なかなか綺麗に撮れました。

ある意味何度も何度も商店街内の宮本町のやりまわしが見れるというのは

贅沢ですね。

 

・・・続く。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:おおつ
泉州だんじり祭が好きな人のブログ

花ばっかり撮ってます。
でも秋だけは、「花」といえば、だんじり祭。
Fujifilm X-T2にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

最近のコメント