岸和田に住む人がお酒と共に花撮ってます

平成30年 高石市 富木 入魂式

6月3日

 

おおつでーす。

今日は高石 富木(とのき)の入魂式に行ってきましたぞ。

今年は所謂正装での入魂式はあまり無かっただけあって

(ていうか無かったのかな?)

ある意味今年初のだんじりイベントな感じがするこの入魂式。

見物人も多いですね。

 

ちなみに寝坊したので途中からです。

というよりは富木小屋から神社まで一瞬なのでちょっと撮影サボったというのが正解です

 

私も多分今年初のだんじりイベント撮影です。

深井の方でもあったようですが、今回はこちらに。

【来ました。 来ましたねー!】

 

上の写真の通り 今回持って行ったのは XF100-400mm。望遠です。

他には XF56mm1.2apd と 標準レンズXF18-55mm と fujinon55mm1.6

と試したいものを。

 

岸和田旧市でも今年は入魂式が控えていて、試しに撮影したかった気持ちもあります。

(なんせ旧市宮本町の入魂式がありますからね(つ∀`;)

※おおつさん 宮本町のファンです。今年は筋海町もありますね。

 

さて、100-400望遠ってわけですが こいつレンズフードつけると

割と目立つので持って行くと大概な確率でヒソヒソされます。

 

まあ目立ちますからね(^_^; もう慣れましたが・・。

 

(んー・・そんなでかいかなあ)

 

このレンズはフルサイズでいう150~600mm相当なんですが、この焦点距離を「持ち運び」「三脚無しで」「手をあげて」撮影できる、APS-Cの強みはそこです。

 

でも、近距離の場所を確保しての やりまわし なら、フルサイズが強いです。

前梃子から後ろ梃子どころか綱から青空まで全部入れてフルサイズ広角やりまわし なんて感動レベルだろうなあ なんてちょっと妄想して思います。(そこまで近寄れるかがあれで

 

つまりは両方持ってた方がいいですね(笑..お財布とカバンと相談って所かな^^;

 

さて、

「何を撮ろう」としてるかと、「何を撮ったか」を知ったら

「あんなデカイもので」「ねーよw」とか言ってる人も

「これはあった方が良いかもな」と納得すると思います。

 

「直進」と「真正面」は、だんじりが格好良く見える 大きな魅力の一つですよね。

撮れる、見れる機会なんて殆ど無いです。

そんな事やってるうちに纏が迫って「どきなさい!」となり、怪我や事故の元。

 

こんな時の望遠は言うなら飛び道具ヤナ

 

ストリートファイターでも波動拳とか飛び道具は強いしね?

ザンギエフの苦手なモノは波動拳なんですよ(割とどうでもいい)

 

【鳴り物の音もリズムも特徴的で聴けばすぐに「富木」とわかりますね】

駅に向かう富木をちょこっと撮影。

 

近寄ってくると全体は入らなくなるのが欠点なんですけど

望遠は彫り物撮影にシフトできるのも強みですね。

夫婦岩もこの通りだぜ。(もっとズームすりゃよかったね)

だんじりの事書いてないのは相変わらず。

 

先回りしておきます。 あの食堂交差点がメインですね。

交差点は人多すぎで 撮れそうにないので

この辺りで。角曲がった後の直進狙い。警備のおっちゃんも

「そこでええんか?」というんですけど・・(笑

隣は取中。

母校なんですよ。懐かしいなあ。

だんじり待ちの間少し思い出にふけってました。

(今どうなってるんだろ?)

 

今の時代はあまりないでしょうけど 「学校」というものが凶悪事件前の

まだ「誰でも出入りできる」ような自由な時代だったんですが、

授業中にグラウンドに生徒の仲間みたいなのが バイクで多数ブンブン入ってきて

数学の先生「馬鹿どもがーッ」とかいって 授業中なのに勝手に走って行ってネ・・(笑

 

今の子は「んなものあるわけねえ」って思うものなんでしょうけど、

そういうヤンキー漫画みたいなものがある時代の本当最後あたりでしょうね。

 

インターネットもまだ一般に普及してない時代で・・

卒業生(高校生)が先生に会いに来たりもしてました。

 

今じゃなさそうですね・・。ある意味面白い時代。

あまりに久々だったのでちょっと検索してみたら まだ知ってる先生が二名いてビックリ。

授業中に「ウドンが美味い」とそういう話しかしない先生まだいるではないかと。

いやぁ懐かしい。

さあ思い出に浸ってる間に来ました。

この富木のだんじりは元々上だんじりだったんですが、

下だんじりに代わったのも丁度そのぐらいの時期。

しみじみしますな。

纏が交差点に入ってきました。

 

すっごい人ですねしかし(汗

 

この位置というかこの撮影は本当写真撮影しにくいです。

 

フォーカスレバーがあるとはいえ、

飛び出てくるだんじりにピントが合うかどうかは・・

こればかりはカメラ任せ。運ですね(w

 

さあ、やりまわしです。

(テンケテン テンケテン)

この段階でピント合ってない場合は連射なので その後の写真は全滅です。

恐ろしい。 今回は運よくあってるみたいですね。ラッキーです

お見事!

ワァーッと後ろ梃子付近の大きな歓声がここまで聴こえます。

町によっては追っかけがうちわ叩きまくったりと これがまたイイ。

 

でも撮影としても、見る分にしても この位置はこっからが楽しみで

やりまわしの角付近では見られない魅力があります。

角を抜けただんじりと同時に

大工方が踊りだしますが、これが本当に格好いいんですよね。

この魅力を撮影するなら遠くに、かつ だんじりが近づいても どかなくていい

場所にいないと駄目です。

熟練の大工方であればあるほど電線の位置を把握してるんですよね。

ぎりぎりまで踊って電線近づくと さくっと回避。

遠くで撮る魅力ってこれですよね。

シャッターチャンスいっぱい。

 

ただここで記事書きながら思ったのは

一枚ぐらい縦撮りしとけよ馬鹿って事です

 

ここから富木交差点に向かうようです。

今日暑い。遠くが熱波っぽく仕上がってます。

スモッグぽくなんか濁ってるし。

所謂「13号線」でUターン。

13号線とはいうものの、実際は「府道30号線」らしいんですよね。

親からもそう教わったし、ここらのあたりの人はみんな「13号線」といいますが、

多分26号線に比べ歩道も車道も半分だからじゃないっすかね(適当。

歩道なんかふざけてんのかってぐらい狭いし。

 

こういうデカイ交差点でUターンするだんじりは何かカッコイイ。

殆どでくわす事ないと思うけど 車内から見る眺めは割とイイでしょうね。

 

現代の産物である「車」の流れ が

何百年前からある「だんじり」に止められるっていうのが ちょっと格好いいぜ。

戻ってきました。

この後休憩に入り、再度食堂前のやりまわしですが

割と無謀な感じがしましたが 好奇心でXF56mm1,2apdで撮影です。

このレンズまだ動いてるだんじりを撮った事ないです

単焦点大口径でやりまわし撮影する人なんて

殆どいないでしょうが(汗

シャッター速度 1/2500

これでブレる人間がいれば見て見たい

基本トリミングはしない人なんですが、ピントを見たくて。

それなりに離れているのに流石大口径。だんじり以外上手くボケてます

(あれ 距離によっては、もしかして結構使える?)

しかしまぁ丁度よい距離の場所なんてそうは取れないでしょうね(^^;

さて、やりまわしも上手くきまり、

富木は取石小学校へ向かいます。

曳行コース先回りして待ってはいたんですが、

ここまで思い出に浸るなら取石小学校の所も撮っていればよかったかと思いました・・(笑

この道は「取石幼稚園」「取石プール」があって繋がってはなかったんですが、

どちらも無くなり 道が繋がってるんですよね。

56mm1.2apd 思った以上にやります(笑

だんじり撮影には厳しいと思ってたんですが、凄いキレ味とボケ味。これは綺麗だ。

これはいい角度。

この角度は凄い好きなんですけど

もう一段階絞るかシャッター落とすべきでした(^ω^;

ちょっと法被が飛んでます

休憩を挟み、子供曳行に入ります。

その休憩中にちょっと他のレンズでも撮ってみようと思います

彫り物ちょっとだけ撮影。

花撮影でよく使う fujinon55mm1.6

ボケ的にはなかなか面白いですが・・

ちょっと近づいたり、遠のいたりと使いにくい。

見送りの奥なんかはピントがあわず撮影できないです。

・・・

使えない事はないけど・・画角が狭いので、フォーカルレデューサーっていうのが

必要かも・・(笑

(節約節約・・・)

続いて接写リングを挟んだ XF56mm1.2apd。

うん。使えないなこれ。

 

ボケすぎである! だんじり撮影には無理すぎた。

ピントあわせるにも、金網触れるぎりぎりまで接近してるので

町の人によっては注意されるかもしれない。 無理。お疲れ様でした。

顔以外ボケてるってどんだけよ!

子供曳行が始まりました。

ここで自分は後にするのでした。

XF56mm1.2apdがそれなりに使えたのでびっくり。

あんなシャッター速度だと、どれだけ速かろうと絶対にブレないので

安心できますね。 ピントちょっとでもズレると終わりだけど・・

 

・・

富木の皆さんお疲れ様でした。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:おおつ
泉州だんじり祭が好きな人のブログ

花ばっかり撮ってます。
でも秋だけは、「花」といえば、だんじり祭。
Fujifilm X-T2にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

最近のコメント