岸和田に住む人がお酒と共に花撮ってます

ブログ名が変わりました

4/30

おおつです。以前から祭の季節以外全く違う趣旨のブログになってるので

少し考えてたんですが、ブログ名が変わりました。

 

泉州日記から泉州路になったんですが 泉州日記という割にはあまり

泉州っぽい日記がないので路に変えたとかいう単純な理由だったりします。

以前の変更も確か祭関係の名前だったけどあまり関係ないという理由で変えてましたが(^^;

 

でもアイコンの senshu diaryは面倒くさいのでそのままだったり早くも放棄気味です

 

花の撮影ブログ って最初についてますが

花の撮影が今の所とても楽しいのである意味、

同じ趣向のお仲間が検索で飛ばされて来てくれるかなと思ってつけてます。

ブログ名称でそこまで変わるか謎ですが(^^;。

 

カメラ持ってる方は花の撮影は楽しいので是非やってみてくださいね。奥深いですよ

 

 

これだけだと記事的にさみしいので

今日は適当に旧市を回ってました。

ただ今の所旧市内で撮るもの何もないです・・。

雑草と言ったら失礼なんですが

今の季節は場所選ばないと、こういうどこでも咲いてるものしか撮るものがありません。

多分そうだろうなって思ってたので、今回はいつも使わないレンズを持ちだして、

気分を間際らしていますよ。

 

モノクロのコクがある(謎)味わい深い Tessar50mm2.8

フレアが面白いベス単80mm6.8。

Tessar50mmF2.8

ピントが分かりにくくて、ファインダー除いてもわけがわからんです。 これ外してます

Tessar50mm2.8は初めて買ったオールドレンズなので

ある意味愛着があります。モノクロで絞るとなかなかいい色を出してくれます。

が いかんせん出番が少ないです。

去年撮ったもの。

 

間に接写リング挟んでます。

暗い部分の描写がなかなか悪くないと思うんですよね。

かなりしっかり映る。オールドレンズなんですかねこれ・・

オールドレンズなのに、かなりのキレ味です。

「普通に良く映る」というのはオールドレンズにとって果たしていいことなのかどうなのか。

モノクロでイイ感じに映るといいつつカラーが多いのは失敗してるってことです(とほ

次にベス単です。

このレンズもやや使いにくいです。

NIKONの一眼レフ使ってる時に比べて明らかに使いにくくなりました。

あれだけ気に入ってた「ボシュロムテッサー」の出番が一切無くなったように

X-T2に変えて使わなくなったオールドレンズがとても多いけど、

この原因は何か綺麗(立体的)に映ってしまうからで、

本体補正で「綺麗に映る」というのはオールドレンズにとって、味が消えてしまう、あまり良くない事だと思いますな(^^;

しかし、本体との組み合わせによって映りが変わるっていうのは無限の奥深さがあるわけです。それは「地獄への入り口」だと思うんです。

 

最新のレンズよりかなり安いんですけど、「味」とか「汚いのが綺麗」とかそういう好みの世界になってくると思うのでやっぱり 金がいくらあっても足りない。

オールドレンズを趣味にするのは正直オススメできません

 

ま、まぁ、ふわっとしたフレアが魅力のこのレンズ。

オールドレンズ触った事がない人にオススメです。

さて、こういうの撮ってるぐらいですから撮るものが本当何もないんですよ。

お腹すいてタンポポ食ってる気持ち。

通りがかる人は「なにやってだこいつ」みたいな目で見てきます

んー。なかなか綺麗ですね。

フレアの掛け具合で写真が決まるので、難しいレンズと思います。

どっちかといえばこういう「爽やかさ」の演出として

使えたりしないかな・・と考えてます。

 

普通のレンズで撮るとナンダコレみたいなものでも

ベス単で撮ればそれなりに何かある写真に見えてきます

 

多分(笑

 

ブログ名変わったから気分一新というわけじゃないですけど

普段から見てくださってる方は今後ともよろしくお願いしますね。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:おおつ
泉州だんじり祭が好きな人のブログ

花ばっかり撮ってます。
でも秋だけは、「花」といえば、だんじり祭。
Fujifilm X-T2にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

最近のコメント