岸和田に住む人がお酒と共に花撮ってます

2018年 鳳だんじり祭 ~宵宮 夜

おおつですー

 

今日は鳳祭 宵宮の夜の曳行の記事です

戻ったり進んだりとアレですが、今年映像無しにしてるのに

ちょっと写真枚数が少なくてですね(^^; 宵宮(山手)の体調不良が響いております。

終ってからいつも思うんですよね もっと撮ってればよかったと OTL

 

さて、この日はお昼の旧ドットから鳳にいます。

数年前はずっといようが普通だったんですが(岸和田祭は修行かと思ったぐらい凄いしんどかったですが)割とずっといるっていうのは体力使うものでして(^^;

ちょっと帰りたいなって思ったりもしていました。

 

しかし鳳祭ってどちらかといえばここから、

暗くなってからが「曳き出し」に近い空気がある感じがする。

やってきました。

今年は新在家地区から浜寺元町方向に向かった後、

大鳥大社方向~上地区~と回るようです

提灯つけた鳳のだんじりが続いてやってきます。

新在家。

野代が下だんじりに代わりますので鳳の中でも数少なくなった上だんじり。

ここもわざわざ正面から撮れる位置で

ずっと待ってたりして。

 

まだ提灯は点灯していません。

点灯してからが だんじりもカメラも本番である!

野代のだんじりがきました。

来年からは下だんじりに代わります。

本当は二日目に彫り物撮っておこうとか思ったんですが

あまり撮れませんでした。昇魂式の時に行けたら狙ってみようかな・・

流石に雰囲気もガラッと変わると思うので、楽しみであるものの、

割と連合曳きスタート前とかに野代のだんじり付近で撮ってた自分については

ちょっと寂しい感じもあったりしますね(蔵王混んでて苦手なんすよね・・)

 

新しいだんじりも楽しみです。

大鳥のだんじりの後に野田が続いています。

今年はオールドレンズ持ってきてはいたんですが

殆ど出番がありませんでした。やっぱ近距離で撮影しないと

あのボケはなかなか使い勝手が・・なあ(^^; レンズも暗いし。

ベス単ぐらい使っても良かったんですけどね・・。

岸和田の夜間曳行でも結局出番が無し。

ぼやけたボケが特徴的

この鳳の金曜日の夜間曳行は

学校帰りや仕事帰りの人達の時間と被る為、

(そのせいで帰る時折り畳み自転車ひっさげて無謀にも急行のったら地獄見たんすけどね 邪魔でスミマセン)

仕事帰りのリーマンとかがビール片手に見てたりして

「日常」と「祭」が組み合わさった不思議な空気が特徴的です。

なかなかいい感じに撮れました。

ここからまだ二日走り続けると考えると んー ・・凄い。

踏切で少し間をあけて北王子のだんじりと長承寺のだんじりが

きました。

(あー 早く暗くなんないかな)

と少し思ってきます。

この望遠レンズは弱点はだんじりがぴったりと続いてくる事。

 

・・・まあそれって鳳祭においてはなかなか絶望的なんですけど

あまり近づきすぎると全体が入らないんですな(^^;

長承寺のだんじりを上のだんじりが追いかけます。

富木のだんじりがきました。

(提灯が・・)

後ろには石橋のだんじり。

問題はこの後を追いかけるかどうかです

例年はここであがってくるのを待ってましたが・・

去年は大鳥大社下りスタートであがってきました。

追いかけるにしても結構大変なんですよね(笑 ルートもよくわからないし

石橋のだんじりの後ろは浜寺元町。

いやぁ この3日間、1週間前までは台風のせいで

全部雨だったんすよね。 それが 曇りに代わって

ついには晴れ。

 

いやー、この調子なら明日も大丈夫そうやな

20%とか・・ちょろいちょろい。

雨装備なくても大丈夫や(フラグ)

浜寺元町も降りて行きました。

さあここからですがー・・

 

①追いかける

②大鳥大社前でやりまわしを見る

③商店街

 

まぁ

だんっぜん

③!

 

そりゃもう 私にとっては鳳はやりまわしより断然 夜間曳行、夜間の商店街だ!今回のルートを考えると所謂よく似た南進みたいなもの。

商店街ってブルーシートあるから イイ写真撮るなら今日しかない。

そして何より1年の成果を見せるならここだ。

問題はここからどんどん暗くなってくる。カメラの設定も

ストロボ光量も逐一変えないと。

まあ暗い方が雰囲気はあっていいのだけども・・

鳳の商店街はとにかくむっちゃ暗い。一応大口径レンズとはいえ

それでも明るさ確保が難しい。

(や やってきたー)

提灯も点灯してる。 鳳の曳き出しはここからやでぇ(個人的主観)

商店街入り口でうちわ叩いて笛で合図とって いけーっと走り出すわけですが

うはー! 今年初めての商店街の夜間ダッシュのスタートです

音響もあって距離も超至近距離 これがまあとにかく格好いいんだ。

1年ぶりに見ましたがやっぱここの雰囲気は鳳独特っ

(ほいさー ほいさー)

去年に比べてなかなか良い露出設定を出してる気がしますが

どうでしょ(多分

2017年

まあ去年は完全に夜でしたし

続く大鳥のだんじり。

明るさはなかなかですが、 まだまだここから暗くなる。

1/500 ISO感度800。

野田のだんじりがきました。

大口径レンズ 明るさは凄い確保できるんですが、問題として、ちょっと

ボケすぎなんですね。かといって絞る程明るさに余裕あるかというと・・

まぁ夜の鳳祭ではあまりそういうこと言ってられないですね・・

なんせ走りますし・・

新在家。

上だんじりの後ろ姿はかっこいいな。

旗とかあると後ろの鬼熊て見えませんしね。

 

いやー やっぱここで待っていて正解です。

夜のだんじり、なんて綺麗なんだ。

野代。

北王子。

鳳のだんじりは後ろの盛り上がりも凄い。

長承寺。

このレンズ、もうちょっと光源あると面白そう。

(なんでもうちょっと撮らなかったんだろう)

上。

富木。

大概毎年ここで撮ってますが、

ここはやっぱいい場所です。

金曜の今日は割とライバルも少なくて凄い撮りやすい。

最後は石橋のだんじり。

さて、ここまで撮って思ったのは

やっぱり鳳の夜の曳行は何か、特別なのです なんとも言い難いけど

簡単に言えばここ10年とかで曳き出した「新コース」「新パレード」では得られない雰囲気があると思う それは周囲の建物であったりだとか

何十年と曳き続けてきたコースならではの「雰囲気」ですね。

やっぱり「雰囲気」は大事なんだ。

なんだかんだいってこんな所で撮れると

思ってなかったけど撮れた。多分今日だけだけど(^^;

(ピントあってない・・)

しかしこれ凄いスピードだ。

圧で提灯変な方向に曲がってるし^^;

ここは撮るの凄い難しい。

ここまで見て、鳳を後にしました。

 

@2日もあるんだし、 これは夜の鳳楽しみだなー

とか考えてる時期が私にもありました。

 

~続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:おおつ
泉州だんじり祭が好きな人のブログ
おおつ鶏は牛脂ミンチと共にかしみん焼きになりました。

花ばっかり撮ってます。
でも秋だけは、「花」といえば、だんじり祭。
Fujifilm X-T2にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

最近のコメント