岸和田に住む人がお酒と共に花撮ってます

2018年 だんじり祭 総評

10/7

おおつでーす。

泉州の祭も終わってしまい もはや生きる意味のない生物と化してます。

とりあえず今回全体を通しての総評と泉州の祭に関しまして

本当はまだ明日信太の祭があるんですが私仕事なんですよね(死

 

10月の金土日からいきましょう。

 

金曜日は鳳にいっていました。

御馴染みの旧ドット

まあ全体に関してなんですが

今回の10月のお祭りは完璧にすべてが裏目に出るような感じでした。

 

これ撮ろう! > 撮れない

 

が連発しまくって 正直イイとこあまりないです。

この旧ドットに関しても実は場所取りが全て裏目に出て

上手く撮れてない地区があったりと。

 

しかも二日目(山手の宵宮)は

 

体調を崩して途中リタイア

 

という有り得ない事してます。

今までかなり無理してても地獄のような勤務を平日は普通に乗り越えてきたのに

この一番大事な一日を体調不良とな? 今考えても猛烈に腹立たしい

 

お前生きてる価値もねえな! と悪役から罵声あびせられても

「そうっすね」と返せるぐらい。

 

とにかく二日目最悪でした。ていうか おおつという男は雨に弱いんです。

火属性です。雨に弱いんですよ。 一気に体調崩した。 ヒトカゲかてめーわ

 

このせいでで毎年いってる鳳の二日目、三日目は夜いけませんでした・・。

三日目もいこうと思えばいけたんですが明日仕事なので・・(甘え

でも金曜日の夜にちょっと「鳳の夜」撮れました。

せっかくの大口径レンズなんですから撮らないと。修行の成果も夜が一番でますね。

 

さて、10月祭礼1日目。

曳き出しは悩む人が多いと思います

私なんと久しぶりの「泉大津 曽根・助松地区」の曳き出し行ってました。

ここで曳き出しだけ写真撮るのって実は初めてに近いんですけど

ここってね。

 

「建物のせいで朝日の当たり方がカオス」で

 

曳き出し写真撮るのかなりキツいみたいだったんですよ

 

・・・ハハ・・

 

その後友人引き連れて

鳳地区の大鳥大社の宮入り。

特に撮りたかったのは「野代」

今年で上だんじりとしての野代を見るのは最後。いや・・早い。

2015年にちょっと撮らせてもらいました。

あの時「上だんじりとしての野代を見れるのも後数年」

と言ってた気がします

となるとやっぱり撮りたくなりますよね。

3年前かぁ・・。 あの頃って20代だったのか(爆

 

その後、友人連れて濱八町へ。

ここは本当友人に一度は見せたかった祭ではありますが

何より撮りたかったのは「上之町」

そして、曳行している姿です。去年は正面から撮ってただけですから。

 

上之町、どのような新しいだんじり、鬼熊が見れるか楽しみではあります。

 

でこの後体調不良が限界に達してリタイア。

友人と本来夜の鳳の祭を楽しむつもりだったんですが、頭痛があまりにヒドイので・・。

家に帰って風呂入って即寝

 

原因1:前日に酒飲みすぎた

原因2:寝不足

原因3:朝鳳見てる時にストロング缶飲んだ。

原因4:鳳の時に少し雨に濡れた

 

トータル

原因は全部だ馬鹿者

 

即寝の結果が12時間睡眠でした。よっぽど疲れていたのかも。

 

~二日目~

今日は実は約束事があったので

あまり遠くにいってません

【池尻町】

適当に自転車はしらせて

久米田池!

まあなんとも美しい光景か!

(何を撮りに来たんだお前は)

ここで行儀参りをほんの少し見てまた移動です

山手に向かって・・

初となる、山直地区のだんじり祭の撮影です

初めて行く地区の撮影程嬉しいものないですね。

最後に和泉市松尾地区の撮影となりました。

唐突です。 これ・・ちょっと依頼を受けての撮影でして

写真はブログに使ってもいいですよとの事でしたのでちょと使わせてもらってます。

なのでこの一枚が凄い位とクオリティになってます

 

自分がずっと南海線在住という事もあり、基本本当の意味での「山手」

は少し撮りに行きにくいという部分があります。

この松尾地区もそうですが、岸和田の山直地区や、山滝地区なんかもそうですね

 

この山側にあたる、松尾地区の撮影に至ったわけはー

 

旧市の祭の際に、また おでんと食べ物をご馳走になってたんですが

その際に居合わせた松尾地区の連合の方。

 

連合の方「カレンダーの為にね、依頼したカメラマンがね、

こられへんかもしれへんのです ですから写真撮ってほしいんです」

 

おおつ「おおー いいっすよー。日曜日ですかね」

 

連合の方「いくらか私の方からお金は出しますんでね」

 

「いくらか私の方からお金は出しますんでね」

 

「いくらか私の方から

【お金】は出しますんでね」

 

 

おおつ「・・・・ん?!」

 

…お金?!

 

勿論今まで撮ってきてお金が動いたことがない

 

おおつ「いや、いいっすよ 本当、知らない地区に行くだけでも価値がありますから」

 

そうはいきませんよ と言ってくださるわけですが、

とりあえず撮影は承諾。まあでも本当行った事がない地区ですのでやっぱりこう

行くだけでも価値ありますよね。

 

というわけで撮影終わった後のビールが美味かった(なんかおかしい)

 

もう一人雇われたカメラマンがいてその方きっちり領収書とかまでやってたんで

おお・・マジなカメラマンがいる・・。

 

と思った。

しかし この「お金が動く」って聞くだけでも

かなりプレッシャーと必死さがありますね。 ある意味初経験ではありますが(^^;

 

まあでもその方は泉州のカメラマンでもないわけです

 

ここで負けては話にならないので気合入れて頑張った人

 

っていう記事になると思いますので

ある意味最後は頑張ってる記事が出来ると思います

 

【マグロ ご期待ください(違】

 

 

【一番反省点】

まあ何より近いのに、行きたくて行けない地区があった所。

チャーミーのせいでもあります

 

①忠岡町

これは本当悔しい。 個人的にその地区の祭は本当最低3,4年は続けていって

ようやく「少し分かった」となると思ってます。しばらく忠岡町の祭が分からなかっただけに

今年行けなかったのは本当悔しい。

 

②南掃守地区

これも忠岡町と同様です・・。

 

③夜の鳳

いくら体調不良とかいっても・・。

 

 

明日からは記事をちょいちょいアップしていきます。

よろしくです

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

名前:おおつ
泉州だんじり祭が好きな人のブログ

花ばっかり撮ってます。
でも秋だけは、「花」といえば、だんじり祭。
Fujifilm X-T2にオールドレンズを組み合わせたり
してます。

愛用レンズ
●Fujinon55mmF1.6
●XF56mmF1.2 apd

最近のコメント